01.jpg

枝豆へのこだわり

粒の大きさ、食べ応え、食味にこだわりを

最適な状態を見極めて収穫しています。

朝露の影響を受けない時間帯から作業し、

収穫後、数時間以内にブランチング、

冷凍をし、食味が落ちないようにしています。

​収穫したてのような食味

​1

​収穫

2

​ブランチング 

3

冷凍

​朝露の影響を受けない

時間帯から収穫します。

収穫後、数時間以内に

ブランチングを行うことで

変色や解凍時のドリップを

防ぎます。

ブランチング後に

冷凍をすることで

ショ糖の減少を防ぎ、

収穫したてのような

甘い味を保ちます。

甘みがギュッと詰まった枝豆

袋を開けた瞬間に枝豆の甘い香りが広がります。

味付けがいらないほど旨味が凝縮しており、

​甘みがギュッと詰まっております。

そのまま召し上がるのも、料理に使うのも

​どちらにも最適な枝豆です。

ブランチング

​収穫後数時間以内にブランチングという

熱湯や高温の蒸気を用いて短時間加熱し、

冷水や低温の空気で冷却する調理法を

用いたあとに冷凍しております。

ブランチングを行うことにより冷凍耐性があがり、

解凍後もフニャっとした食感にならず、

新鮮な食べ応えのある食感を保ちます。

また、酵素の働きが抑えられ変色しづらくなるため

​見た目も味も収穫後に近い状態でお届けする事が出来ます。

一番美味しい状態でお届けします。

毎日畑を見に行き、莢の厚みを測って

収穫の予定を立てます。

​そして一番良い状態で収穫し

皆様の元へお届けしております。

​人にも、環境にもやさしい枝豆を

自然に優しいクリーン農業を導入し、

健康な土作りに取り組んでいます。

人にやさしく

子供達が莢をしゃぶるように

食べる姿を見て

安心・安全への意識が高まり、

着莢(ちゃくきょう)後の

農薬散布は​一切行わずに

枝豆を生産するようになりました。

環境にもやさしく

平成26年度産からは、安全・安心な

クリーン農産物作りを進める、

北海道クリーン農業推進協議会が認証する

「イエス!クリーン」の称号を受けています。

枝豆についてこの称号を十勝管内で一番最初に

取得したのは​当農場です。

〒089-0241北海道上川郡清水町熊牛46番地

TEL:090-1520-7858

FAX:0156-62-7613

​Mail:info@murasenojo.com

​代表者:村瀬 博明